Service

江戸川区にて要介護認定を受けた方へ訪問介護を行います

ご本人様とご家族様に寄り添った介護サービスを行っています

高齢者様や障がい者様のご自宅を直接お伺いし、住み慣れたお住まいにおいて、これからも安心・安全な生活を送っていただけるよう、訪問介護を通して「身体介護」と「生活援助」を行っています。また障がい者様の移動や外出先での介助を行う「移動支援」を行っております。江戸川区・墨田区・台東区・江東区を中心に積極的に提供しております。

お身体を動かすにあたり困っていることや、ご本人様で行うことの難しい家事などをお手伝いいたしますので、まずはご本人様とご家族様のご要望をお話しいただけたらと考えています。

障がいをお持ちの方へ
  • 1、申請市区町村の障害福祉課(役所により名前は異なる)へ申請を行います

    支給の申請は、必ずしもサービスを受ける本人や保護者が自分で行う必要はなく、サービス提供の事業者などに申請を委託することも認められています。
  • 2、認定を受ける

    申請後市町村より認定をいただく
  • 3、ご相談ください

    家族様、もしくはご本人様が直接お電話で生活上でのお困りの事を相談して下さい
高齢者の方へ

<事前にお願いしたい事>要介護認定申請の後訪問介護を受ける認定調査のお願い

実際に介護のサービスを受けるまでに、様々な手続きをしていただく必要がございます。まずは介護保険を受けるために、要介護認定の申請を行います。ホームヘルパーサービスは介護保険によるサービスのひとつですので、利用するためには要介護認定の申請を行う必要がございます。申請には介護保険被保険者証が必要となりますので、ご準備をしていただいています。

また40~64歳までの人(第2号被保険者)が申請を行う場合には、医療保険証が必要となります。ご用意ができましたら、まずはお住まいの市区町村の窓口で要介護認定(要支援認定を含む)の申請をお願い致します。申請後はかかりつけの医師が心身の状況について主治医意見書を作成し、また市区町村の職員などがご利用者様に合ったケアマネージャーをご紹介しております。ご自宅を訪問して聞き取り調査を行います。

審査判定後に江戸川区にて訪問介護を受ける認定が下ります

要介護認定の申請後、市区町村などから認定調査員がご利用者様のご自宅に派遣され、聞き取り調査(要介護認定調査)が行われます。要介護認定調査は申請後原則として1~2週間以内に行われ、要介護者の心身の状態についての聞き取りをします。また市区町村がご利用者様のかかりつけ医に依頼を行い、主治医意見書を作成してもらいます。

主治医がいない場合は市区町村の指定医の診察が必要となりますので、調査員からの指示を受け診察を受けていただきます。なお、主治医意見書作成料について申請者様の自己負担はございませんので、安心していただけます。認定調査結果や主治医意見書に基づき、コンピュータによる一次判定と一次判定の結果や主治医意見書に基づく介護認定審査会による二次判定を経て、市区町村が要介護度を決定します。

サービス計画書の作成後江戸川区より訪問介護を開始いたします

介護認定審査会の判定結果に基づき市区町村が要介護認定を行い、申請者様のもとへ約30日以内に結果の通知が届きます。認定につきましては要支援1・2から要介護1~5までの7段階か、あるいは非該当になります。認定には有効期限が決められており、満了までに認定の更新申請が都度必要になります。更新を行わないまま有効期限を超過すると各介護サービスを受けることができなくなるので注意が必要です。

ホームヘルパーサービスの利用にはケアマネジャーによる介護サービス計画書が必要となりますので、県知事の指定を受けた居宅介護支援事業者(ケアプラン作成事業者)へ依頼をしていただく形になります。ご本人様のご希望とご家族様のご要望最優先で計画書を作成し、完成後いよいよホームヘルパーサービスを受けることができます。